読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

san san sunshine

『木のあかりギャラリー』の紹介&大分の観光情報 ゆるーい日記

大分観光情報 『みどりマザーランド』

大分観光情報

大分市内にあるみどりマザーランドはみどり牛乳さんの敷地内にある、広い公園です。

f:id:kumikomiku97:20170304010702j:plain

平日は無料で遊べる、遊具やローラーすべりだい、自分でソリを持ち込めば、草滑りも楽しむことが出来ます。


f:id:kumikomiku97:20170304010729j:plain

土日なら、有料トランポリンやボールプール、有料の乗り物も使用できます。(※不確かなので、運転日は問い合わせください)


f:id:kumikomiku97:20170313225503j:plain



f:id:kumikomiku97:20170313225545j:plain


また、園内にはうさぎやヤギの触れ合いコーナーもあります。こちらは餌代を払えば入ることが出来ます。
入り口には、ちゃんと洗濯された清潔な軍手(大人、子供用)が用意されており、『さすが、食品を扱う企業は違う!』と感心しました。

トイレも比較的きれいで、安心して遊ぶことができます。

また、園内入り口にある直売所では、運が良ければ プリンなどを特価で買うことが出来ます。保冷剤や保冷バックがあると便利です。

これからの季節、お出かけにいかがでしょうか?

ひな祭り 

手作り レシピ 木のあかりギャラリー

昨日3月3日は お雛祭り 

f:id:kumikomiku97:20170304001525j:plain
我が家のお雛様は 江戸木目込みのかわいらしいいお雛様

後ろの屏風は父が作った 組子の屏風です。
この屏風の模様 とても細かい組子で出来ています。

老眼と緑内障持ちの父が こんな細かい作業をするのはかなり大変だっただろうなと思いました。

このお雛様と屏風は私の宝物です。



さて、
今年は、ひな祭りに ロールケーキを焼きました。

材料は
 <ロールケーキ生地>

たまご   4個
薄力粉   70グラム
ベーキングパウダー 1グラム
砂糖    80グラム
オリーブオイル 25グラム
牛乳    30グラム

          
<クリームとトッピング>

生クリーム 1パック
砂糖    30グラム

フルーツの缶詰 適量
イチゴ     適量
ストロベリーチョコレート  適量


作り方

オーブンを180度で余熱スタート

1 薄力粉とベーキングパウダーを計量しビニール袋に入れ空気でパンパンにして
振る振る振る とにかくフル

2 たまごを卵白と卵黄に分けそれぞれボウルに入れる卵白に砂糖を3回に分けて入れながら角が立つまで泡立てる

3 卵黄のボウルにオリーブオイル 牛乳を加え もったりするまで泡立てる

4 薄力粉を数回に分けて入れ、ゴムベラで粉っぽさがなくなるまで優しく よく混ぜる

5 4のボウルに、卵白を3回に分けて入れ切るように混ぜる

6 クッキングシートを敷いた天板に生地を流しいれる
空気を抜くため、10センチくらいの高さから天板を落とす

7 180度のオーブンの下の段で10分焼く ケーキクーラーの上で冷ます



8 クリームを泡立て冷やしておく、フルーツをカットし ペーパーで優しく水分を取る

9 チョコレートをレンジで溶かし クッキングシートの上にスプーンで花びらをたくさん作る
出来たら、バットなどにシートごと乗せ 冷蔵庫で冷やす

10 冷めた生地にクリームを塗り、フルーツをのせ ロール状に丸める

11 クリームをケーキの上に乗せ チョコお花模様に並べイチゴをトッピングする


スフレ風の生地で 春らしい とってもかわいらしいおひなさまケーキです。

大分観光情報 大分市立美術館 春の山 鴨の到来 

大分観光情報

f:id:kumikomiku97:20170303210410j:plain

大分市立美術館の山はすっかり春めき、
つくしや 小さな芝生の赤ちゃんがあちらこちらで見られるようになってきました。

先日山歩きをしていたら、池に二羽の鴨がいました。

お散歩していたご夫婦によると、例年よりも早くやってきたとのこと。
  

しばらく、鴨を眺め、明日何か餌をあげてみようかなと思いました。
でも、鴨って何を食べるんだろう、、
昔、松島で遊覧船に乗ったときに、カモメにかっぱえびせんをあげたけど
池に油が浮きそうで嫌だなあ。
パンは食べるか?

家に帰り、早速ネットで調べてみると

野生の鴨や白鳥に餌をあげてはいけないとのこと

野生の生き物は自分で狩りをしながら生活できるのに、
人間が良かれと思い
人間の食べ物をあげてしまうことで、生き物が体調を崩したり、
太りすぎたりしてしまうのだそうです。

その文章を見て、浅はかだったなあ と反省しました。

食べ物をあげることにより、それを入れていた袋を誤って川に落としたりし、
ごみとなってしまったり

鳥が食べ残した餌を 野良猫や野良犬が食べて 繁殖する可能性もあるし。

自然を自然のまま自然に受け入れることが一番良いのかもしれない と

 いろいろ考えさせられた一日でした。

なので、

来年のまた来てくれるといいな と願いを込めて
鴨を驚かさないように ひっそりと鴨の観察を楽しめたらいいなと思いました。

大分観光情報 『七瀬川の梅』

大分観光情報


f:id:kumikomiku97:20170220225239j:plain

いつも凧揚げをしている『七瀬川』に行ったら、梅が満開でした。

春は満開の桜の下 お花見が出来る 七瀬川の公園 


f:id:kumikomiku97:20170220225911j:plain


日曜は天気が良かったので、ピクニックをしているファミリーやグループが沢山いました。

七瀬川は たき火や花火など 火を扱う事は禁止されています。

ここで、芋煮会など出来たら すてきなのに、、、

いつか、大分で山形の芋煮会をするのが夢です。



f:id:kumikomiku97:20170220225924j:plain

大分観光情報 『カトレア醤油』

大分観光情報


f:id:kumikomiku97:20170213222549j:plain
九州に来て、時折東北のふるさとの味を懐かしむようにはなったが、醤油や味噌に関しては、すっかり九州の味に慣れ、今まで以上に味噌汁が好きになったりしている。

九州の味噌や醤油はほんのり甘い。
生醤油に慣れていた私は、初めて食べたとき、 『甘すぎる』と、思ったが、今では実家で食べる醤油が『しょっぱすぎる』と思うようになった。

味噌は山形では米味噌が主流だが、こちらは麦味噌。

お刺身やお寿司の醤油も、生醤油ではなく、甘い醤油。
わさびとも相性がよく。
アボカドに付けるわさび醤油は、絶品。

大分名物の 『りゅうきゅう丼』にも
(お刺身のづけ丼)にも、甘い醤油がよく合う。


f:id:kumikomiku97:20170213222606j:plain

中でもおすすめなのが、別府のフジヨシ醤油の『カトレア醤油』
このパッケージのレトロな写真も実に良い。
お醤油にしては、少々値が張るが、ドバドバと使う訳ではないので、奮発し、大切に使っている。


f:id:kumikomiku97:20170213222626j:plain

大分観光情報 『友永パン』

大分観光情報

大分で 別府で一番大好きなパン屋さん
『友永パン』です。
 


f:id:kumikomiku97:20170211220303j:plain



日曜日は休みの為、土曜日行く事が多いのですが、土曜日はだいたい行列が出来ています。
平日も運が良ければ店の中で待てますが、外で列をなすことがしばしば。

でも、この 並ぶ ひと手間が 更に美味しさを倍増させてくれます。



f:id:kumikomiku97:20170208224740j:plain

店に入ったら、まず、順番待ちのかーどをとります。
番号を呼ばれたら、注文します。

このお店の店員さんの

注文を取る、袋に入れる、会計をする
のスピーディーで完璧な手際の良さには毎回感心します。

私ならきっと1日でクビでしょう(笑)


さて、今回買ったのは


f:id:kumikomiku97:20170208225637j:plain


チーズフランス、
チョコフランス、
こしあんパン、
バターフランス、

こんなに買って1110円  

素朴で、ほっこりする味です。


f:id:kumikomiku97:20170208225917j:plain



別府へおこしの際は、ぜひ!

大分観光情報 『高崎山 ハイキング』

大分観光情報

今年は山登りをしたい

と、張り切りモードの我が家

先週土曜日 『高崎山』に登ってきました。

高崎山というと、おさるさんがいる『うみたまご』のとなり『高崎山』を思い浮かべますが、まさに、その高崎山です。

高崎山は大分のセラピーロードにもなっています。


f:id:kumikomiku97:20170208222255j:plain


山の登り口は うみたまごからはかなり離れた場所で、今回は車で登り口まで向かいました。


f:id:kumikomiku97:20170208222235j:plain

高崎山はおさるさんがいるので、こんな注意書きがありました。

f:id:kumikomiku97:20170208222316j:plain

また、電気柵もあり、少しドキドキします。


f:id:kumikomiku97:20170208222513j:plain



f:id:kumikomiku97:20170208222525j:plain

山の上には、結構きれいな バイオトイレもあり、安心して利用することができます。

f:id:kumikomiku97:20170208222541j:plain
また、こんなすてきな休憩スペースも。

下には蒔いたばかり と思われる いい香りの 木のチップが敷かれており、歩くとふかふかして、とても心地よい場所でした。

f:id:kumikomiku97:20170208222929j:plain



f:id:kumikomiku97:20170208222950j:plain



f:id:kumikomiku97:20170208223005j:plain



f:id:kumikomiku97:20170208223021j:plain


途中 こんなモニュメントがところどころにあります。

f:id:kumikomiku97:20170208223032j:plain

あっ、シダのはっぱ


みいつけた
f:id:kumikomiku97:20170208223144j:plain


次は
『やまびこスポット』

f:id:kumikomiku97:20170208223215j:plain


『ヤッホ~!』



f:id:kumikomiku97:20170208223315j:plain



f:id:kumikomiku97:20170208223330j:plain



f:id:kumikomiku97:20170208223343j:plain


山の香りや 風に 癒やされながら
楽しいハイキングとなりました。


f:id:kumikomiku97:20170208223612j:plain


歩いている途中 犬を連れたおじいさんと

べっぷ鶴見岳一気登山大会の実行委員長の方にお会いしました。

『べっぷ鶴見岳一気登山大会』は海抜0メートルから1375メートルの鶴見岳山頂に登るイベントです。

いつか登ってみたいなぁ!



f:id:kumikomiku97:20170208230033j:plain